SHOPPING CART

BLOG

2021/04/02 08:00

みとおしが、障害のある方の授産施設として山梨県に誕生したのが2005年。



やがて、

障害のある方が、職人的な技を身につけて将来自立できたらいいな

という思いが職員の間で芽生え、うどん作りからはじめた。


といっても、誰も経験がない。

まったくのゼロからのスタート。

書店をめぐり、うどんの作り方を本から学んだ。

手さぐりで、そろりそろりとみとおしの活動が動き出した。


山梨といえば吉田うどんが有名だ。

まともに勝負しても勝てないので、

さぬきうどんで勝負することにした。

麺機を導入して、うどんづくりの3日間講習にも参加した。


試行錯誤を一年ほど続けると、

みとおしのうどんらしさが見えてきた。

大事にしたのは、体に負荷をかけない材料。

施設でふるまわれる昼食も、週に2回はうどんだったと言う。


お菓子作りも始めた。

シフォンケーキ、クッキー、チョコレートクッキー。

利用者さん一人ひとりの、得意分野がちがうことに気づいた。

泡立てがうまい、滑らかにチョコを流しこむことができる、

適当だからこそクッキーの混ぜ込みがうまい。

それぞれの職人的な技を、お菓子に振り分けていった。


みとおし立ち上げメンバーの志村さんが言う。

「うどんにしても、お菓子にしても、

私たちより利用者の方が順応性が早かったんです。

それどころか、やりやすい工程を考えてくれた。

私たちの方が教えてもらうことが多いんです。

利用者がいなければ商品をつくって売ることができません」


2014年から、本格的なもの作りも始めた。

担当者は霜野さん。

「利用者さんたちの夢を叶えてあげてください、

という施設長からのお願いがあったんです。

私は美大出身なので、だったらアートで夢を叶えるお手伝いをしたいなと」。




霜野さんにはアイデアがあった。

「本物のりんごを形どった、りんごの小物入れ」をつくったらどうだろう。

決してつくるのは簡単ではない。

まずは、じゃがいもで始めた。

形がちがうじゃがいもの小物入れを、100ケ皆で作れないだろうか。

うどんやお菓子づくりの経験がある

みとおしの利用者さんだったらきっとできる。

なにより、一つと同じ形のないじゃがいも・りんごの小物入れは、

一人ひとり特徴が違うみとおしの利用者さんそのもの。




りんごのまわりに、

新聞紙をちぎったものを水と糊で貼って貼って貼りまくる。

使う新聞紙の量は、目安二枚ぐらい。2週間乾かす。

その後、りんごをカッターで切る。

仕上げに障子紙を貼り、手染めの和紙を張って仕上げにかかる。

じゃがいも・りんごの他に、柿、さつまいも、グレープフルーツもやってみた。




染め紙の貼り方はそれぞれ。

色の組み合わせや貼り方もそれぞれ。

完成した小物入れの使い方もそれぞれ。




一カ月かけて、りんごの箱はやっと完成する。


霜野さんは言う。

「つくっているみんなが、本当に楽しそうにつくっている。

 完成したら『見て!』を嬉しそうにもってくる。

 その姿を見るのが私の喜びです」。


「手さぐり」を繰り返したみとおしは、

「手づくり」の豊かな世界にたどり着いた。


推薦:一般社団法人 障害攻略課 澤田智洋