SHOPPING CART

BLOG

2020/11/04 10:00

幡ヶ谷駅を降りて、徒歩7分。

閑静な住宅街の中に、アルミ缶が山のように積んである建物が見えてくる。
その名も「むつみ工房」。

歴史は古く、前身の「むつみ学園」が誕生したのは1954年。
障害児の学校教育が保障されていなかった時代に、親たちが立ち上がり設立された。
今では「障害のある人の働く場」として、「むつみ工房」にうまれ変わっている。

入り口をくぐると、見えてくるのは大量の生糸と、数台の織り機。
新型コロナウィルスの影響で通所する人数は限られているが、
この日も二人の男性が無心で糸を織っていた。
「写真、いいですか?」と声をかけると、コクリとだけ頷き、再び作業に戻る。

青とグレーと白。爽やかな色合いの糸を、手際良く、リズミカルに織り機で織っていく。
カシャン、カシャン、という優しい音が工房に響く。

今回「再入荷未定ショップ」にも出品している「マフラー」。
どう作るかは、障害のあるメンバーに任せている。
ちょっとしたほつれも、その瞬間だからこそ生まれた味。
事前にデザインを計画する人もいるが、ほとんどの方は感覚で作っている
一見緻密なデザインに見えても、実はジャズセッションのようなアドリブで作られている。
すべて再現不可能な、一点もの。
しかも、多くのメンバーは、自分が織ったことを忘れる
「これ、俺が織ったんだっけ?」と言うこともしばしば。
この「過去に執着しない」清々しさが、凛とした佇まいのマフラーを生んでいるのかもしれない。



二階に上がると雰囲気は一変する。
長机には無地のTシャツが広げられていて、男性メンバーが布用のペンで直接絵を描いている。

無秩序なようで、それでいて秩序がある絵が浮かび上がってくる。
完成すると、アイロンをかけ、絵を定着させる。
この工程を経ることで、洗濯しても色が落ちにくくなる(多少色落ちはするけれど、それも味だろう)。

目の前にあるモチーフを描写したり、図鑑を見ながら描くこともある。
Tシャツの中に出現するのは、障害のあるメンバーの「レンズ」越しに捕らえられた世界
実際のものと、形状や色味は随分と違う。
だから面白い。


今回出品されたTシャツは、鳥の図鑑を見ながら描かれたそうだ。
もちろん、写真の鳥とは別ものに仕上がっている。


むつみ工房には今、39人のメンバーがいる。精神、知的、身体。障害は様々だ。
施設長の赤澤さんは言う。

「ちょっとした下請けをやることもあるけれど、納期が厳しいものは受けません。

 利用者さんのペースに合わせてのんびりとやってます」

だからむつみ工房には、ゆったりとした、どこかホッとする時間が流れているのだろう。

アットホームで家庭的な雰囲気は大切にしています
 がっつり作業をやるだけではなく、居場所という側面も強いんです。
 他の事業所が合わなかった方が寄せ集まっています。
 『最後の砦』と呼ばれたこともあるんです

66年の歴史の中で、アットホームな雰囲気を保ち続けるのは、
並大抵の努力ではないだろう。
無理に手を広げすぎなかったからだと赤澤さんは言う。
一人ひとりのペースとリズムを尊重しながら、
丁寧にものづくりを進めていく。
だからこそ、むつみ工房で作られたものには、
悠久な時間が内包されている。

推薦:一般社団法人障害攻略課 澤田智洋/ライラ ・カシム